改めてふと思ったのですが・・・格安航空券って、どんなものなのでしょうか!?

いわゆる格安航空券というのは、旅行会社が航空会社から仕入れた団体ツアー用の割引航空券を個人向けにバラ売りしているものです。航空会社が独自に個人向けに直接販売している安価なチケット(旅割やスーパー旅割など)は、正規割引航空券(PEX)といい別のものです。

■何が違うの!?
格安航空券は旅行会社でしか購入できません。ちなみにPEXは、旅行会社・航空会社のどちらでも取り扱っています。格安航空券は、本来ならばツアーと組み合わせて販売することを前提にされている航空券を、バラ売りすることで非常に安い販売価格に設定できるため、実現しています。

■なぜこんな仕組みに!?
実は航空会社が販売する航空券は、行政の認可が必要なため自由に価格設定ができません。ところが、航空会社がツアー用として航空券を旅行会社に卸す場合はこのかぎりではありません。ツアーと組み合わせて販売することを前提にして安く仕入れた航空券を購入したその旅行会社が、格安航空券としてバラ売りしているという図式になっています。

この格安航空券は旅行の商品として販売されているので、価格は各旅行会社ごとに自由に設定することができるのです。同じ条件(時機や行先や便など)でも、旅行会社によって値段が異なるのはこのためです。

■タイミングがよければ相当オトク
そのため、フライト間際やシーズンオフであれば、正規金額の半分程度の破格値で購入できることもあります。バーゲンと一緒で、「在庫処分」をしなければ、旅行会社ひいては航空会社も困ってしまうからです。売れないからという理由でチケットを返品したり、空席が多いという理由でフライトを中止することはできませんよね。

その分、フライト時間や空港が少し不便な条件なケースもありますが、時間に余裕のある旅行ならば、是非利用したいものです。